2022.1.22

着想のひらめき

 
今回は毛色を変えまして、僕の『着想のひらめき』についてお話しします。
 

「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」ってありますよね

文章や会話などで、ネタが思いつかなかったり、内容がまとまらなかったり、相手に伝わらないってありますよね。
 
僕も多々ありまして、頭が真っ白になって言葉が出てこなかったり、もっと良い言い回しがあったよな~とか思ったりして反省したりします。
 
なので、日常的に意識してトレーニングしたりしています。
 

 形容詞を自分の中からいったん外す

形容詞とは、物事の状態や性質が『どのようであるか』を表す言葉です。
例えば、最近は“やばい”のひと言で事足りてしまいます。
 
食べたら「やばい」
素敵な人をみたら「やばい」
素敵なものを見つけたら「やばい」
などなどなど、何かを感じたら「やばい」と発します。
しかし、それは受け身の姿勢で、起きた出来事に反応しているに過ぎないんです。
 
みかんを食べた感想を「やばい」や「おいしい」で済ませるのではなく、なぜおいしく感じるのか、どうおいしいのか、食べたことで自分はどんな気持ちになったのかなどを考えて言葉にします。
 

「自分の五感」「他人の様子」「過去や思い出」から語る

例えば、映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を観に行ったとします。
 

スパイダーマン:ノーウェイホーム

 
https://www.spiderman-movie.jp
 
「おもしろい」「やばい」と言いたくなるところを「鳥肌が立った」「髪の毛が逆立つかと思った」「ちびりそうになった」などの身体感覚で表します。
 
次に、「一緒に観ていた友人は、食い入るような目つきで観ていた」みたいに自分以外の人の様子を交えて表現します。
 
最後に、「僕が過去に観た映画の中でも3本の指に入るおもしろさ」と、自分の過去や思い出の中から探します。
 
こんなトレーニング(「自分の五感」「他人の様子」「過去や思い出」)をしていると脳筋が鍛えられます。
 
まずは、"形容詞をつかわない"と決めると自然とネタや言葉が溢れてきますよ。
 

営業時間
【オープン】
  9:00~
【最終受付】
  カラー・パーマ ~17:00 カット ~18:00
 
クレジットカード(JCB・VISA・MASTERCARD・AMEX)とPayPay(ペイペイ)がご利用いただけます。

各種クレジットカードとPayPayがご利用いただけます。

  
〒418-0006 静岡県富士宮市外神143-1 GoogleMAP
TEL & FAX : 0544-21-4949
お客さまに全力で施術をさせていただいておりますので電話に出ることが難しいです。
LINEまたはメールでお問い合わせいただけると幸いです。
ご予約&お問合せLINE
ご予約&お問合せメール
 

初めてお越しの方は、カウンセリングに30分~1時間ぐらいかかりますので、お時間に余裕をもってお越し下さい。